立山黒部アルペンルート、源泉かけ流しの宿・白骨温泉

2泊3日
立山黒部アルペンルート

旅の案内人

ネイチャーガイド

佐藤 武彦さん

1943年生まれ。 立山開発鉄道㈱(現在の立山黒部貫光㈱)に10年間勤務後、1984年よりフリーの立山散策ガイドとなる。 冬季ライチョウ調査、富山県のライチョウ生息数調査、カモシカ生息数調査に係る。 現在、立山町文化財保護審議委員、立山博物館「友の会」理事、富山県ナチュラリスト協会参与など。「立山自然観察ガイド」(山と溪谷社)、「花かおる立山黒部アルペンルート」(ほおずき書籍)など立山の自然、文化に関する著書・共著多数。2009年に環境大臣表彰を受賞。

ネイチャーガイドと共に特別なアルペンルートを見つけに

立山ロープウェイ

立山ロープウェイ

標高3,000m級の山々が連なる北アルプス・立山連峰は、日本有数の山岳豪雪地帯。 苛酷な自然環境の中で、氷河期からの生き残りといわれているライチョウや様々な高山植物など、貴重な動植物たちの命が守られてきました。
毎年好評の立山黒部アルペンルート通り抜けツアーですが、このたびのツアーでは、長年自然解説活動を行い、数多くの著書やNHK等マスコミへの出演も豊富な〝立山ナチュラリスト〟佐藤武彦さんが同行し、季節や標高によって表情を大きく変えるアルペンルートの魅力を解説していきます。(一日目立山駅より二日目黒部ダムまで)この機会に、あなただけの特別なアルペンルートを是非見つけてください。
黒部ダム観光放水

黒部ダム観光放水 観光放水は6月26日より

弥陀ヶ原ホテル 散策案内

弥陀ヶ原ホテル 散策案内


湯元齋藤旅館 露天風呂

湯元齋藤旅館 露天風呂

二日目のお泊りは、独特の乳白色の湯で有名な白骨温泉「湯元 齋藤旅館」。1738年創業の白骨温泉の老舗として、今も歴史を刻んでいます。 旅館の持つ湯元1~4号の源泉は、正に白骨温泉発祥の湯であり、湯元ならではの極上湯をお楽しみいただけます。 「三日入れば三年風邪をひかない」と言われるほど効能豊かな温泉と、贅を尽くした山の会席料理をご堪能ください。
  • 飛騨民俗村 飛騨の里

    飛騨民俗村 飛騨の里

  • さるぼぼ作り体験

    さるぼぼ作り体験

  • さるぼぼ

ご旅行代金(お一人様)1名様より出発保証

4名1室 135,000円
3名1室 139,000円
2名1室 142,000円
1名1室 168,000円

※6月8日出発は4,000円UPとなります。

出発日・乗車ルート

6/8(金) 出発
帰着
明石 6:50
20:40
三宮 7:40
20:00
西宮
北口
8:20
19:20
6/20(水) 出発
帰着
龍野 6:30
21:10
姫路 7:20
20:30
三木 8:10
19:40
7/2(月) 出発
帰着
姫路 7:00
20:40
福崎 7:40
20:10
8:10
19:40

※ 帰着時間は予定時間であり、途中の交通状況により前後する場合がございます。予めご了承ください。

コースのご案内

日程 目的地
1日目 各地 出発 - 福井・白扇(和食膳)- 立山駅 -《ケーブルカー》- 美女平 -《高原バス・専用貸切》- 弥陀ヶ原 - 弥陀ヶ原ホテル 標高1,930mの雲上高原リゾート(泊)※到着後、ホテル周辺を散策(40分程度)
2日目 ※朝6:00よりホテル周辺を散策 - ホテル -《高原バス》- 室堂散策 - 《立山トンネルトロリーバス》- 大観峰 -《立山ロープウェイ》- 黒部平(昼食)-《黒部ケーブルカー》- 黒部湖(ダム堰堤をご案内)- 黒部ダム -《関電トンネルトロリーバス》- 扇沢 - 白骨温泉(泊)
3日目 白骨温泉 - 飛騨民俗村・飛騨の里(さるぼぼ作り体験)- 角正(岐阜県内で最も古い料亭で精進料理ご賞味)- 各地 帰着

※ネイチャーガイドは1日目立山駅より2日目黒部ダムまで同行します。
※履き慣れた靴でご参加ください。

ご宿泊のご案内

  • 長野県松本市白骨温泉 湯元 齋藤旅館

    玄関ロビー

    料理(イメージ)

    悠久の自然に抱かれて二百七十余年。白骨の湯に思いを込めて湯屋から湯宿へと歴史を育んできた湯元齋藤旅館。 館内は、当館ゆかりの文人・歌人の名を冠にした「介山荘」「牧水荘」、建てられた 時代の名をつけられた「大正館」「昭和館」から成り、それぞれに異なった趣きがあります。

    ■お部屋:介山荘(バス付和室)又は
         昭和館(バス付和室ベッドルーム)
         ※ 昭和館の定員は2名まで
         ※ご予約時にお選び下さい
    ■お風呂:露天風呂・大浴場
    ■お食事:夕食/和食会席・広間
         朝食/和定食・広間

  • 富山県中新川郡立山町弥陀ヶ原ホテル

    外観

    料理(イメージ)

    当ホテルは広大なアルペンルートの途中、標高1930mの弥陀ヶ原高原に位置しています。 ホテルからは富山平野と富山湾の景色を一望でき、北アルプスの雄大な山岳美や雲海に沈む夕日は圧巻です。 季節に応じた山海の幸を盛り込んだ会席料理も好評です。

    ■お部屋:バス・トイレ付洋室又はトイレ付和室
    ■お食事:夕食/和洋折衷会席・レストラン
         朝食/和洋ビュッフェ・レストラン


各最新ブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

Copyright © 2016 SHINKIBUSTOURS CO,.LTD. All Rights Reserved.