京料理「木乃婦」三代目高橋拓児氏
おもてなし鱧会席と京都案内人と巡る京都祇園山鉾鑑賞

日帰り
京都・祇園

京都案内人・薄曇鈴代先生と巡る特別な祇園祭宵山

祇園祭 山鉾

祇園祭 山鉾

祇園祭は八坂神社の祭礼で、その豪華さ、規模、歴史から日本三大祭りの一つに挙げられており、山鉾巡行はユネスコ無形文化遺産にも指定されています。このたび京都案内人で歴史ライターの薄雲鈴代先生が同行し、氏子の町内に飾られる山鉾を一緒に巡りながら「祇園祭の見どころ」について解説いたします。ご昼食は京料理「木乃婦」にて京都の夏の味覚・鱧会席をお楽しみください。
京料理「木乃婦」 鱧料理(イメージ)

京料理「木乃婦」 鱧料理(イメージ)

鱧料理(イメージ)
三代目高橋拓児氏

京料理 老舗「木乃婦」

三代目高橋拓児氏

進化を続ける「洛中味」。三代目が切り拓く味覚の新世界が千年の古都に美しく響き渡ります。
大胆な創り込みの中に綿密な計算を張り巡らせた、新しい味覚世界が楽しめます。 国内外から期待を寄せられる珠玉の一皿は、美食家の好奇心を刺激して止みません。

薄雲鈴代先生

薄雲先生による山鉾解説

京都案内人

薄雲ウスグモ鈴代スズヨ先生

歴史ライター・京都外国語専門学校講師
京都府生まれ。立命館大学在学中から「文珍のアクセス塾」(毎日放送)などに出演。 京都在住で日本文化、京の歳時記についての記事多数。 朝日新聞WEB版に執筆の傍ら、NHKカルチャー、朝日カルチャーの講師をつとめる。朝日放送ラジオ『道上洋三のおはようパーソナリティ』では、京都の桜・紅葉の隠れ名所を紹介。京都外国語専門学校で「京都学」を教える。主著に『歩いて検定京都学』『姫君たちの京都案内・源氏物語の恋舞台』『ゆかりの地をたずねて新選組』『祇園祭のひみつ』他。

ご旅行代金(お一人様)※1名様より出発保証

1名 46,000円

乗車ルート

7/14(土)・7/23(月) 出発
帰着
明石 9:00
21:20
三宮 9:50
20:30
三田 10:40
19:40
7/15(日)・7/21(土) 出発
帰着
姫路 9:10
21:10
福崎 9:50
20:30
10:20
20:00
7/16(月) 出発
帰着
三宮 9:30
20:50
西宮北口 10:10
20:10
新大阪 10:50
19:30
7/22(日) 出発
帰着
龍野 8:40
21:40
姫路 9:30
20:50
三木 10:20
20:00

※ 帰着時間は予定時間であり、途中の交通状況により前後する場合がございます。予めご了承ください。

日程 目的地
1日目 各地 出発 − 京料理・木乃婦(鱧会席のご昼食) − 祇園祭宵山(薄雲先生による祇園山鉾案内と鉾登頂・お買い物)[約150分] − 各地 到着

散策:履き慣れた靴でご参加ください。


各最新ブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

Copyright © 2016 SHINKIBUSTOURS CO,.LTD. All Rights Reserved.